紫外線を頭皮に浴びるとはげやすい?対策をしよう

 

紫外線を頭皮に1

これからぽかぽかと暖かくなるにつれて、日差しもだんだんと強くなりますね。

太陽気持ちい~ぃ!なんて油断をしていると、頭皮に大きなダメージを与えるかもしれません。

紫外線ははげの素?頭皮の紫外線対策とは?

頭皮と言うものは、実は年間を通して最も多く紫外線を浴びている部位です。

しかし頭皮は、他の肌と比べて髪の毛で地肌が覆われている分、肌の変化に気づきにくい場所。

紫外線が髪の毛と頭皮に与える影響とは、一体どんなものなのでしょう?

紫外線が髪に与える影響

紫外線が髪に与える影響には、次のようなものがあげられます

  • 髪の毛の日焼け
  • 枝毛、切れ毛
  • ツヤ、潤いの消失
  • 髪の毛の乾燥、パサつき

肌が日焼けをするように、髪の毛も実は日焼けをしています。

紫外線が髪の毛にあたると、メラニンが酸化分解されて、髪の毛は赤茶けた色味に。角度によっては、白っぽく見えるため、全体的に老けた印象を周りの人に与える髪質になります。

また、髪表面のキューティクルは剥がれ、髪はパサパサ。加えて、髪の毛を構成するアミノ酸システインも、紫外線により分解されるので、髪の毛が脆く切れやすくなってしまいます。

髪の毛も肌同様、潤いが髪の内部にあるため、美しいツヤを保つことが出来るのですが、これが強い日差しに晒されると、乾燥した髪に。

髪の毛は肌と同じ性質を持っているのです。

紫外線が頭皮に与える影響

紫外線が髪に影響を与えることもさることながら、紫外線は頭皮にも多大な影響を与えています。

頭皮は髪の毛でその表面を覆われている分、その影響も察知しにくく、その一方で、最悪の場合は、薄毛の原因に。というのも、紫外線は毛母細胞に影響を与えるからです。

強い紫外線が皮膚に当たると、体内の活性酸素が増加し、細胞の働きが低下してしまいます。毛母細胞も、当然のことですが細胞です。強い紫外線を浴びていれば、働きが低下してしまい、髪の毛の成長が鈍くなります。

頭頂部の根元から白髪が増える事を考えてください。これは、直射日光を最も浴びる部位である頭頂部の細胞が、紫外線によりダメージを受けて、髪の毛を黒くする細胞が損傷したためと考えられています。

夏場などでは、帽子を被るのを忘れると、分け目やつむじの部分が日焼けでひりひりとすることも。これは、夏の強い日差しが頭皮に影響を与えた結果です。

皮膚が日焼けした時、これは軽度の火傷と同じ症状と言えます。つまり頭皮も火傷を追った状態。これは、決して頭皮に良いこととは言えません。

頭頂部や分け目といった地肌は、年間を通して大きくダメージを受けているのです

紫外線から頭皮を守れ!直ぐにでもできる紫外線対策3選

紫外線を頭皮に2

紫外線の頭皮への影響とその恐怖については充分に理解ができたと思います。では、その対策とは?

1.帽子

帽子。特に麦藁帽子!

帽子のメリットは、つばの広いものを被れば、顔の紫外線対策にもなることです。夏場などの気温が高く、日差しが強い日には帽子を被るだけでも熱中症対策にも繋がります。

しかし、デメリットも。デメリットは、帽子の種類によっては、頭皮が蒸れて、それが原因で今度は別の頭皮疾患に繋がる恐れがあることです。蒸れた頭皮は、しらくもなどの原因にもなります。

その点、夏場の麦藁帽子は最強アイテム。麦藁帽子は通気性抜群で、かつ、つばも広いため、紫外線や熱中症対策には最適な帽子です。ここにUVCUT機能もついていれば、紫外線対策はばっちり。

2.日傘

日傘も、帽子に並ぶ紫外線対策グッズです。

日傘の特徴は、色の白いものよりも、濃いものの方が、紫外線を遮断する効果があります。また素材も綿よりもポリエステル。厚さは厚みのあるものの方がより効果的。

ただ、注意が必要なことは、古い日傘は、UVCUT効果が薄れている可能性があります。特に、骨がある部分は劣化しやすく、日に焼けた日傘は、その部分の効果が無いに等しい状態です。日傘も数年に1度は買い換えるか、もしくはUVCUT効果のあるスプレーでメンテナンスを行う必要があります。

3.日焼け止め

普通の地肌用の日焼け止めを、頭皮の分け目やつむじの部分にのみ塗る方法です。意外と地味に効果があります。

ローションタイプだと、どうしても頭皮全体や髪の毛に塗ることはできません。なので、髪の毛にも日焼け止めを使いたい場合は、スプレータイプがお勧め。

頭皮や髪の毛専用のスプレータイプの日焼け止めもあります。どれを使うかは貴方次第。

日焼け止めを頭部に使った場合、シャンプーは丁寧にする必要があります。頭皮に日焼け止めの成分が残ると、これも地肌にとっては良くないので、頭部に日焼け止めを使った際は、これだけは注意しておきましょう。

髪の毛も肌と同じ分だけのケアを。

以上、紫外線による、髪の毛と頭皮への影響を解説しましたが、如何でしたでしょうか?

髪の毛も、実は肌と同じデリケートな存在です。油断をすれば、乾燥もするし脂肌の様な状況に陥ることも。

黒髪の美しい髪の毛を保ちたいなら、髪の毛にも肌と同じ分だけのケアをする必要があります。洗髪後に髪の毛に保湿成分を与える。これだけでも髪の毛の美しさは大きく変化するでしょう。

これからの季節、日差しが強い時には、髪の毛の存在も思い出してあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です